社長インタビュー|杉並区、中野区、高円寺の不動産のことなら株式会社大和・アクタス

 
お問い合わせはこちら
       
損得で考えず、善悪で考える
株式会社大和・アクタス
代表取締役
長岡 利和
株式会社大和・アクタス 代表取締役 長岡 利和

【社長インタビュー】

長岡社長、今日はよろしくお願いします。
改めて、御社の取り組みについてお伺いさせて頂きます。
まず御社がお客様と接する上で、一番大切にしていることは何ですか?

そうですね、一番はお客様が不安を持たないように、最後まできちんとケアをしていくことですかね。
家族で家を買うって、せっかくいい話じゃないですか。
購入前になるべく不安を取り除くためにも、弊社では、物件探しをする前に、十分なご相談の時間を設けています。
また、営業マンには、デメリット的な要素があれば、先にお客様に伝えなさいと言っています。そのほうがお客様と長いお付き合いをしていく上でも信頼関係を築くことができます。

なるほど、十分にお話しを聞くことでお客様の疑問をゼロにしているんですね。
ちなみに、お客様からはどんな内容のご相談が多いですか?

融資の相談は多いですね。
他の銀行で融資が下りず断られてしまったお客様もよく来られます。
弊社では、提携している銀行の担当者との長年の付き合いがありますので、他で融資が下りなくてもある程度対応できることが多いですね。
また、他の不動産会社ですとローンや融資関係の知識が足らず色々調べることがあり後日対応になること、弊社ではその対応がスピーディに対応できるところが当社の強みでもあります。

注文建築も御社の強みと伺いましたが、
土地をお持ちでないお客様にはどのような提案をされていますか?

これは実際にはお客様次第という部分が大きいですね。
都内で土地をお持ちでない方ですと、どうしても現在住んでいる家賃と返済がダブってしまうなどお客様の資金の制約もありますので・・、お客様の希望や状況によって土地から建築を提案することあれば、建築済みの新築物件をご案内することもございます。

お客さんの状況によってどちらも提案なさっているのですね!
ズバリ!今後の物件探しのコツはありますか?

今は時代的に物件が少なくなっているので、その不動産会社が例えば表には出ていない情報を持っているとか、紹介できる物件が多い事は重要だと思います。
他にも物件の価格の交渉力があるとかの見極めですかね。
弊社には他社で特定の物件を売り込まれてしまって不信感を抱いたお客様が来社することもあるのですが、しっかり自分に合った物件を探してくれる不動産会社なのか?フィーリングが合っているか?もポイントですね。

スタッフさんのここが自慢!という点はありますか?

お客様のことを考えて一生懸命対応しているところですかね。
ただそこまでやらなくても・・と思う瞬間もありますが、その結果お客様から「○○さんが担当でよかった!」と言ってもらえることも多いですね。
その後、購入頂いたお客様からご紹介をいただけたり、売却のご依頼などもいただいたり、とてもありがたいことだと思っています。
あとは社員同士とても仲が良いことも自慢ですね!

最後に、今後の御社の展望をお聞かせください。

まず目標としているのは、この 1 年以内により都心部に出店することです。
そこを拠点として、不動産の販売だけでなく、土地の仕入れや商品企画、建築、賃貸、リフォームまで、トータルにお客様のご要望にお応えできるようなサービスを提供していきたいと考えています。
購入してくださったすべてのお客様に、購入後も一生の中でサポートしていきます。
また、経営者の立場としては、社内体制を大きく変えていっています。具体的には、社員の給与体系の見直しや、退社時間の徹底、ノー残業デーの実施など。
最初はなかなかうまくいきませんでしたが、徐々にそれが当たり前になってきました。
究極ですが、社員とその社員の子供たちの幸せまでを考えられる企業になっていきたいと思っています。

本日はありがとうございました!今後とも宜しくお願いします。

ページ上部へ